hair-834571_960_720

前回も書かせて頂きましたが、美容室のトリートメントは傷むといった話がありました。気になる方はこちら『実は美容室のトリートメントは傷む?』をご覧ください。

シリコンはダメ、安いシャンプーはダメ、じゃあどうしたらいいのか?今回は究極のトリートメントについてお送りします。

究極のトリートメント「カット」

私が最も優れたトリートメントとは何かと聞かれれば即答で答えるのが『カット』です。切った髪の毛の断面は、キューティクルに覆われていないので酸化して傷んでいきます。

大根と一緒ですね。皮に覆われていない断面は酸化して黄色く変色して傷んでいきます。長持ちさせるには定期的にミリ単位で切り落とすといいんです。

icicle-radishes-696288_960_720

レザーカットがいっせいを風靡したこともありましたがそれがすたれた原因はいってみればゴボウのささがきだからです。

37392e8461c7cb05e9b55e03104b4fa4_s

髪を削いでいる分断面の空気の触れる部分が広いために傷みも早くなるからです。

傷みを気にしなければ髪の毛を極限まで細くできるのでより柔らかいカットになることは間違いありません。

髪の毛のカットの場合の理想は1ヶ月。1ヶ月半~2ヶ月が賞味期限です。もちろん今の傷みによります。

「髪を伸ばしているんで切りたくないんです・・・。」

「こまめに切っていたらなかなか伸びない」

そんな意見もあります。でもその結果傷んでバサバサに伸びていきます。誰しもが「伸ばしたい!」と思ったその時、綺麗な髪を想像しますよね?

でも長く切らずに伸ばした結果、バサバサでまとまらない。「やっぱ纏まらないし、バサバサだし、切ろうかなぁ」なんて。

ひと月で伸びるのはだいたい1cmから1.5cmです。そのうちの酸化した1mmや2mmを切り落とすのが『究極のトリートメント』なんです。

髪を綺麗にするためのカット

酸化した部分をカットすることは難しいです。普段何となく切っていたり、最近多いのは回転率を上げる時間短縮のために梳きながら長さを切るタイプの美容師さん。「梳かないで」っていっても梳かれてしまう。梳きながら切るタイプの美容師さんには切りそろえる事が出来ません。

そういうカットしか知らないから。。。

だから『基本』の正確なカットが大事なんです。なかなか髪の毛全体を1mmずつ切るなんて芸道は出来ません。もちろんそれだけではなく、多すぎれば間引いたりもしますし、企業秘密もあります。

それが髪を綺麗にするためのカットです。

毛先を梳き過ぎれば傷みも早くなったり、纏まらなくなったり・・・。うまく綺麗に伸ばせなかったり、パサついたり膨らんだり。もうさよならしましょう。

一度御相談ください。

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
林田 和也

林田 和也

オーナー街角の地中海 Capriカプリ
忙しいと後回しにされがちな美容院の「髪を切る場所」というカテゴリーを超えて、疲れているときにこそ行きたいと想っていただけるようなリラクゼーション、五感全てを満足していただけるような余念のないお店創りを目指し、ひとりひとり誠心誠意施術させて頂いております。 代表の林田は予約が大変埋まりやすくなっている為、一ヶ月前を目安の御予約をおすすめしております。
林田 和也

最新記事 by 林田 和也 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA