b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

皆さんは、何年か前から話題になっている『シリコン』ってご存知ですか?名前は聞いた事あるけど、実際のところ知らない方も多いと思います。

今日はシリコンについて、お話ししたいと思います。

シリコンとは?

まず、シリコンには内容成分的に大きく分けて、ジメチコン、シロキサン、シクロメチコン等があります。シャンプーなどの成分表には、シリコンと書かれていなくても、上記のジメチコン、シロキサン、シクロメチコンが表記されている場合は、シリコンが入っているということになります。

大事なことは話題になっているからいいとか、なんとなく使うとかではなくて、意味を分かって自分で選択することが大事だと私は思います。

実際シリコンが配合されているシャンプーやトリートメントは髪を痛めます。吸着力が強く、剥がれ落ちるときにキューティクルまで剥がしてしまうからです。

ですがシリコンが入っていないものは髪がバサバサになってしまったり・・・。

逆にノンシリコンと書かれていても内容成分には入っていたり、シャンプーはノンシリコンでもセットのトリートメントにはシリコンが入っていたりもします。

ノンシリコンを使っている方はトリートメントの内容成分を一度見てみてください。

髪の毛を痛ませないことが重要

髪の毛は死滅細胞といわれていて、爪と一緒で既に完成されているものなので細胞分裂することも修復することもできません。つまり、一度傷んだものはもう治らず、いかに頭皮から生えてきた毛を傷ませないように過ごすが全てになります。

痛んでしまった髪はどうしたらよいか

既にどうしようもなく傷んでしまった髪に関しては、シリコンも必要なこともあるということです。高額となりますが、ノンシリコンでありながら天然の油分で包んであげると剥がれるときも傷ませず、ある程度なら綺麗にすることも可能です。

どうしようもなく傷んでしまった場合は痛みがほどほどな箇所には天然の油分で包みながら、どうしても引っかかったりダメなところだけシリコンを使ってあげる。
そして、最終的にシリコンを使うのをやめて、天然のものだけで維持するのが一番理想的かと思います。

市販のもので良いものはと相談を受けることはありますが、原価の事を考えると市販品では正直難しいと思います。

ですが、バサバサで引っかかったり、髪がひどい状態なのにノンシリコンを使ったり、無駄にノンシリコンを使って纏まらなかったりするのだったら、遠慮なく使ってもらっていいと思います。

Capriのヘアケア

もし、もっと綺麗になりたい・・・。本当の自分の髪と向き合いたい・・・。

そんなときは、ぜひご相談ください。本当に綺麗になってほしいと思います。とくに、昔はもっと纏まっていたのにとか、最近どうも癖が出るとか、年齢なのかパサつくなんて方は、自分の今の髪は本当の髪ではないかもしれませんね。

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
林田 和也

林田 和也

オーナー街角の地中海 Capriカプリ
忙しいと後回しにされがちな美容院の「髪を切る場所」というカテゴリーを超えて、疲れているときにこそ行きたいと想っていただけるようなリラクゼーション、五感全てを満足していただけるような余念のないお店創りを目指し、ひとりひとり誠心誠意施術させて頂いております。 代表の林田は予約が大変埋まりやすくなっている為、一ヶ月前を目安の御予約をおすすめしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA