slider-image2

前回はどうしてパサツイて見えてしまうかについてお話させていただきました。
今回は『髪のパサツキ』の改善について考えていきたいと思います。

前回お話した流れでお伝えすると、いかに髪を引っ張らずに引っかからずに過ごしていけるかが大事になってきます。
なので日常の中で引っかからずに過ごすためのポイントについてお話させていただきます。

パサつきを改善するポイント

1)最低2ヶ月に一回は毛先を切りましょう。

髪の毛は大根やきゅうりと一緒で切られた断面から空気に触れることで酸化しながら傷んできます。
輪切りにした大根さんも断面から黄色く傷んできますよね?

放って置くと痛みが侵食してますます傷んでいきます。
髪の毛も同じなんです。

賞味期限は通常で1ヵ月半から2ヶ月。
カラーやパーマなどで痛んでいると3~5週の場合もあります。

引っかかり始めたなって思ったらすでに遅いです。
そうなる前に髪の切ることこそが本当のベストなタイミングです。

できれば引っかかる前に髪を切って、引っかからない毎日を維持しましょう。
せっかく半年かけて美容院に行かずに伸ばしたはずが、結局傷んでいるからと言って切られてしまって中々伸びていかない経験がありませんか?

その都度2ミリや3ミリで構いませんのでほんの少しずつ調整してあげることが美髪の第一歩です。

2)使うものを変える。

一番の敵は引っかかること。場合によりますが基本的にシリコンは入っていないほうが良いでしょう。その為には天然の保湿成分が変わりに入っていないとごわごわします。
でも天然の保湿成分は原価が高額でなかなか市販のものには入っていません。

理想的にはそうですが、ノンシリコンを使って髪がばさばさになって、引っかかって、パサツイてしまっていたとしまったとしたらどうでしょうか?
石鹸シャンプーもいいでしょう。

界面活性剤としてはとても優しく頭皮を健康に保てます。でも髪はばさばさ。。。
それが続けば髪は引っかかって、『切れ毛』が増えて、さらにパサツイて行くでしょう。

髪の毛を綺麗にするために頭皮を綺麗にする。

頭皮をきれいにすることで髪をパサツかせているとしたら何を目指してどこに向かっていくのでしょうか?
残念ながら市販やサロン専売品であっても「ノンシリコンシャンプー」と謳っていて、トリートメントやコンディショナーにはシリコンが入っていたりします。

半分詐欺まがいなことに近いのがお気づきでしょうか?意味ないですよね?

現状、3,000円を切るノンシリコンシャンプーは、天然の保湿成分もなくばさばさになるか実はシリコンが入っているか、どちらかでしょう。
必ずしもシリコンは悪いものではありません。

髪が引っかからないことが大事だとおもいます。

自分が何を求めて、どうなりたいのか。難しいですね。だからうちのお店は自社でシャンプーを作りました。
無添加でノンシリコンで天然の保湿成分のあるシャンプーを。カプリは髪を美しくする専門店ですので是非一度ご相談下さい。

Capri 独自のシャンプー

20140924_111127
20141004_172839
こちらのお客様はトリートメントなしのカットのコースで定期的に毛先を整えながら綺麗になってくれた状態がこのような感じです。
すべてのお客様が劇的に変わる保障は出来ませんが、多くの方に愛用して頂いています。

是非髪質が変わったご自分の生活を想像してみてください。

また良かったら覗いてみて下さいね

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
林田 和也

林田 和也

オーナー街角の地中海 Capriカプリ
忙しいと後回しにされがちな美容院の「髪を切る場所」というカテゴリーを超えて、疲れているときにこそ行きたいと想っていただけるようなリラクゼーション、五感全てを満足していただけるような余念のないお店創りを目指し、ひとりひとり誠心誠意施術させて頂いております。 代表の林田は予約が大変埋まりやすくなっている為、一ヶ月前を目安の御予約をおすすめしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA