アトリエオリーブは色々な他業種(髪を切る事を生業としていない方々)にお世話になりながら運営しています猫
HPや予約管理システム等でお世話になってるミルフォードさん、化粧品のディーラーさん、お店のメンテナンスをしてくれる内装業者さん、インテリア等でお世話になってるお花屋さんや雑貨屋さん。などなど。
数え上げたらキリないんですが、お客様一人にキレイになって頂くのにも僕らだけじゃなく、色んな人の努力の結果キレイになって頂けるわけですねかわいいぴかぴか(新しい)
言ってみればお客様一人一人がそういう裏方の結晶という事になります。
もちろんお客様はそんな事一切気にせず、オリーブでの時間はただくつろいだり楽しんだりして頂ければ良いんですがわーい(嬉しい顔)
でも、そういう関連業者との関係につけこんで電話やメールやFAXで
「こんな化粧品いかがですか?」
「こんなパーマ液でたんだけどどうですか!?」
「こんな儲け話あるんやけどどうでっか!!??」
などとタチの悪いキャッチが寄ってくるように、ムリヤリなプレゼンしてくる会社(なのか知りませんが)がたくさんありますどんっ(衝撃)
特にお客様の接客中に電話でキャッチセールスされると、相手の受話器から顔出して顔真っ赤にしてけしからーん!て怒鳴り散らしたい衝動にかられます。赤塚マンガ見すぎです。
そういえば前の店の同期のおばあちゃんは「少々おまちください」といって電話切らないで、延々電話代払わせるという、地味にイヤな対処(にはなってない)をしてたらしいです。うん、それも、なんかイヤ。
でも一度だけ、ムリヤリプレゼンのFAXで笑ってしまった事があります。
『美容師のアシスタントの皆さんは給料も少なく、忙しくて時間もないため栄養バランスが非常に悪いです。その悪くなった栄養状態ではイライラしてしまって笑顔の接客などできません。そこで当社の栄養満点バナナを』
バナナかい(笑)
こんな一方的な文章でもっと長々書いてたと思うんですが、あれ買った人いるのかな?栄養と接客を絡めてくるセンスがツボでしたダッシュ(走り出すさま)
もうこっちを完全にバカにしてる事に気づかないKYっぷりが今後も楽しみです。
それにしてもこの業界専売みたいな形でバナナのセールスはさすがに初めてでしたね。新しいマーケットの形を模索してるんですかね。次はなんだろ。グレープフルーツですかね。疲れをとるみたいな(笑
ほんとに信頼しあえる仲間とだけお仕事したいもんですよねグッド(上向き矢印)

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA