僕は元々東北の血筋です手(パー)
父は青森、母は福島出身で埼玉で出会いフォーリンラブ。
立派に子供達を育て今に至ります。
言ってみればハーフですね。青森福島の。えへ。
なので、方言の難解さには子供の頃の僕はけっこう追い込まれました猫あせあせ(飛び散る汗)
福島の方はこっちと単語自体はそう変わらないので、よぉく聞けば大丈夫なんですが、青森の津軽弁には外国人に話しかけられた時のあの、目が泳ぐ感じというか、でも気丈に返さなきゃと強がるハリボテ状態なあの感じと全く同等のプレッシャーを子供心に感じたものでしたひらめき
お年玉をもらった後なんか絶対に気を悪くさせたら申し訳ないと、喋らす間も与えずこっちから喋り続けたものです(笑)
でも難しいのが電話です電話あせあせ(飛び散る汗)
滅多に会えないのでお婆ちゃんの声の違いもよくわからないし、直接会って話す分にはまだボデェラングエェヂ(うちの母語)でなんとか言葉の意味がわからなくても会話としてはまともに成立するんですが、電話では表情も動きもわからず、お婆ちゃん本当にごめんなさい的な空気に電話線がパンクしそうになります(表現が古い)
しかし、そこは越田。ある解決策を見出しましたひらめき
福島のお婆ちゃんは僕を『しろちゃん』と呼びます。ちなみにほんとはひろしです。
そして青森のお婆ちゃんは僕を『すろちゃん』と呼びます。ちなみにスロースではありません。
『しろちゃんかぃ?』の場合
福島の言葉は僕も受け答えできるので、せっかくのお婆ちゃんとの会話を少しはする事ができたんですが
『すろちゃんかぃ?』
と電話がきたら軽くあいさつしてすぐ親と変わるという、今考えると今の僕以上にクールな判断力でサラッと大人な身のこなしで電話線パンクを防いでたんですダッシュ(走り出すさま)
声じゃ違いもよくわからなかったんですが、「し」と「す」の違いでいけるいけないを考えてたわけですね。
もちろんお婆ちゃんに気まずい思いをさせず、最もスマートな解決ではあるんですが、、、なんか冷たいな。昔のオレパンチ
と、この前携帯防犯ブザーを誤作動させてパニックになってる小学生を見かねて助けに入ったところ、僕も止め方がわからず、しばらく一緒にパニックになってあげる事しかできなかった事を思い出して、
「どっちが正しいかなんて神様しかわからないさ」
と自分をケムに巻く越田(秋男)でした手(パー)
でも東北の言葉、暖かみがあってすごく好きです。あの雰囲気はこっちの言葉では絶対出せないですよね^^

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA