オバマ大統領やイチロー選手たちがよく「変わらなきゃ」的なことを言ってましたね。震災以降の今、日本人には特に突きつけられてる部分ですよね。
大なり小なり何か変わらざるを得ないのは間違いなさそうな雰囲気で。
少なくても全てが今まで通りというわけにはいかない。
一方、そう簡単に人って変われないなんて話もよく聞きます。目
ほんとにそうでしょうか?
『ゆとり世代』という言葉があります。
勝手に大人が作ったルールに従って育ってきたその世代の人達が、いざ義務教育を終え、社会に出たらまるで差別用語のように「はい出た。ゆとり世代」と、まるでその人達が罪を犯したかのように切って捨てるという世にもおっそろしい言葉。
当然それを言うのはその仕組みを作ったその上の世代の僕らどんっ(衝撃)
これ黒人は生まれてきただけで差別の対象と、勝手にルールを作ってそれに疑問も持たずにそのルールに従う昔の白人とまるきり一緒ですよね。すんごい大雑把に言えばですが。
そしてですよ。ゆとり教育って1978年あたりからもう話出始めてて、たしかに正式に施行されたのはもっと後ですが、僕らが子供の頃も、ゆとりの影響下にはあったらしいんですね。
つまり僕らもゆとり世代となるのでは・・・?がく〜(落胆した顔)
この『加害者』と『被害者』の立場が一転した瞬間、今まで下の世代を『ゆとり世代』と切って捨ててた人達も急に国のトップが悪いとか、その世代がみんなゆるいとは限らないとか、自分が今まで主張してた事と真逆のことを言い出すわけですよ。
全ての価値観が一瞬でガラッと変わるわけです。
今の原発の風評被害にしてもそうですよね。
放射能の事を少しも知らず、知ろうともせず、福島を差別し、海外に出かけたら、日本は被爆してるから近づくなとトンチンカンな事を言われ、今度は差別反対と主張しだす。
人の主張ってすごい簡単に変われるんだなぁなんて改めて思います。良くも悪くも。まぁ元々持ってる人間性とかはそんな簡単に変わらないとは思いますけど。
ほら、おっそろしいくらい、人って変われるんですね。どこまで変わるかとかは置いといて。
・・・・・それでもまだ、ほんとは変わりたいけど自分の殻を破る事は難しいと言い張るあなた!m9゚Д゚;)
じゃあ例えば、口調をちょっと変えてみるとかどうですかね。
◆語尾を上げちゃう口数少ないナルシスト風
『俺は?・・・埼玉生まれで?・・・今?浦安に?住んじゃってる?・・・みたいな?・・・埼玉嫌いな?・・・千葉県民に?・・・よくいじめられちゃう?・・・そんな男?・・・みたいな?・・・』
吐息か!!ってくらいのささやき声でしゃべるのがオススメです。
◆語尾にバーローをつけてアナーキーさを演出
ターキーレンジャのゲリラ撮影
パクリか!!そうですパクリです。芸術はすべからず模倣から始まるのです。
◆いちいち突っ込んでみる
『すみませーんこの靴下くださーい。
ところで靴下ってどう見ても靴の中ですよね。靴中じゃないのかと!靴下というならそれはラバーのことだろうと!
ラバー?…何を愛しているのですか! 』
変わることが良いこととは限らない一例ですね。それでもやるなら友達は相当へる覚悟で臨んで下さい。
さぁ、これであなたも昨日とは違う何かを手に入れたも同然ですね(強引)
オリーブも昨日以上に、『あなたのオリーブ』を貫きながらドンドン進化していきますよ~手(グー)
IMG_0106.JPG

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA