みなさんご存知、フランスのお菓子「マカロン」
先日いらっしゃったTさんに頂きプレゼント僕も初めて食べましたるんるん(Tさんありがとうございます!わーい(嬉しい顔)
僕のこれまでのマカロンのイメージは、越田家伝統の朝食「甘食」みたいな食感。。。。。。知りません?あましょく。
余計な装飾を一切はぎ落とした硬派な名前の甘い菓子パン。甘食。
ちなみにスーパーマルヒロにて12コ入り200円みたいなやつです。お買い得すぎます。どこまでも硬派。甘食。
まぁ知らない方のために他で例えると、マドレーヌをちょっと乾燥させてモサッとさせて、小麦粉を凝縮させたような(甘食はさらに庶民派というエッセンスをブレンドした味です)そんなモフッとした食感のお菓子だと勝手にイメージしてました。
しかし、、、食べてびっくり犬どんっ(衝撃)
「カリッ、シャリッ、うま!」なのです!はぁびっくり。
シェフが焼きすぎたのかと一瞬つっこみかけましたがそんなわけもなく、なんでこんなモフッとしたイメージを勝手にもってしまったのか、ちょっと東海道線(新橋~横浜間)に揺られながら考えてみたんですが、結論としては、やはりネーミングかなとひらめき
『マカロン』
思えば「マ」という発音には、独特な、柔らかさというか、軟骨感というか、そういう腰くだけ感があると同時に、全てを包みこむ暖かさというか、包容力というか、安心感をイメージさせる発音だと思うんですね。僕だけかもですが。
だから言葉を濁す時、自然に「まあまあ」とか「まあいいじゃん」と、その場をフニャッとさせる発音をするのかなと。まぁそんな気がまぁまぁしまぁす(←フニャッとしすぎの例)
そして「カロン」というスカスカフワフワ感と軽さを付け加え、完全なるフニャフニャネームが完成したんですね手(グー)
これがガロンだったら全然印象違いましたね。
「かとうあい」と「あとうかい」くらい違うはずです。きっと。
結論としましては、緊張してる時、何かに頭にきてるときはパフュームのマカロニを聴く。もうなんなら歌い踊るという事でカラオケ
【PV】 Perfume – マカロニ(macaroni)

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA