あけましておめでとうございます晴れぴかぴか(新しい)
大晦日のカウントダウンのライブと中学のサッカー部友達との正月一日サッカーで体中ボロンボロンの越田です。
お正月は楽しく過ごせましたか?福袋とか買いました?
僕の実家には子供にお年玉を使わせないという鉄の掟があったのですが、一度だけ、親に頼みこんでなけなしのお年玉を使わせてもらった事があるんです。
それがずばり、福袋だったんですねふくろぴかぴか(新しい)
普段は別に気にもとめなかったし、だいたい何が入ってるかわからない物にお金をかけるなんていうのは完全に貴族の成せる業だと思ってたのですが(ガチャポンもその部類)、おもちゃ屋の前を通った時、越田少年の目をクギ付けにする文章を発見しちまったのです。
『キミも千円でラジコンを買えるかも』
当時、ラジコンといえばまともに買えばたしか安くても9,000円以上。小学校低学年の僕が買えるわけもなく、欲しくなるので持ってる友達ともあまり遊ばないようにしたりとかして。(泣ける)
とにかく自分からわざと遠ざけていたあのラジコンがまさか千円でexclamation&question
こりゃもう土下座でしょ~というわけで、ディズニーランド連れてってもらってないぶりの土下座決行(参照⇒http://capri71.com/article/141615400.html)
「お前の土下座は安い」と親から酷評をあびながらも、千円分のお年玉使用許可がおり、そのままおもちゃ屋へ。
一番ラジコンが入ってそうな大きいやつをレジに持っていき、近所でイジワルと悪名高めな、いつも半笑いのおもちゃ屋店主の前にドヤ顔で千円をドンとさし出し、そのまま家まで自転車でダッシュダッシュ(走り出すさま)
あの時のあの福袋あける感じはもうそうそう味わえないと思うんですが、当時の僕にとっての千円なんて一世一代の大勝負ですからね。しかも何はいってるかわからないわけですから。うひょ~っ今思い出してもゾクゾクしてきます。すみません、テンション上がって変な声でました。
そして中から出てきたのはなんと・・・ラジコン!!
『ЖШб£г!!дИЖбёкЖд!!』
もはや言葉にならない、例えるならナメック語のような雄たけびをあげ、テンションMAXながらも箱は大事にそっと開け取り出す僕。そういうとこが小者。
車体に電池を入れ、プロポとよばれる昔のラジオみたいなリモコンにも電池を入れ、スイッチオンexclamation
走れ!俺の夢!と、プロポを動かしてみるも、車体は一切無反応。
ありり?と考えてみると、プロポにアンテナが付いてない事に気づき。
困ったけどどうしよう、福袋って当たり外れがあるって聞いたことあるから、これをあのおもちゃ屋さんに言っても「そりゃハズレだねぇ」とまたあの半笑いであしらわれるのは目に見えてるし。
親に言おうものならせっかく買ってやった物にケチつけるとはけしからん的な事をいわれる気がしてしょうがなく、とりあえず誰にも相談せずに、アンテナのかわりになるものを探してみようという結論に達しまして。
要はアンテナ部分に電気が通る長いものをくっつければいいんだろ?という仮説のもと、
アルミホイルを丸めて入れてみる・・・・無反応。
ラジオのアンテナをさすがに切って入れると親にラジコン没収されかねないから切らないまま、アンテナの先っちょを入れてみる・・・・無反応。
シャーペンの芯・・・・無反応(というか問題外)
シャーペンの芯の束・・・・無反応(気持ちは分からなくはない)
色々やってみましたがほぼダメ。あと身の回りにある、長くて電気を通しそうなものは。。。あっ!ドライバー!
と、我が家の中で一番長くてプロポに入る細さのドライバーを入れてみる。
これでダメならもう終わり。切実な思いを込めてプロポを操作!タイヤが1mmだけ「クッ」と動いただけでまた無反応。おのれラジコン。ちょっとだけ動いたぶん余計にイラッとくる僕。
結局、誰にも相談できないまま、ラジコンもただの飾りのままになり、今に至ります。
今にして思うともっと親に相談するべきだったというのと、あのおもちゃ屋ほんっとイジワルという2点が率直な感想ですね。笑
今も福袋は人気があるみたいですが、お子さんに買ってあげた場合、しっかりアフターケアもしてあげてくださいね手(グー)ぴかぴか(新しい)
さてさて、今年もオリーブのサロンワークがスタートしました。
一人ひとりのお客様とガッツリむきあい、美しく、かわいく、かっこよくする。
気持ちよい施術、気持ちよい空間作り、気持ちよいコミュニケーションを徹底する。
髪質のお悩みを解決して、美しい髪を作る。
当たり前の事を誠実に丁寧にこなす。
成すべき事を成すべく、成すべき事を成すわけです猫
今年もどうぞよろしくお願いします目ぴかぴか(新しい)

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA