最近「みんなのうた」がアツいです。
といっても今放送されてるものではなく、昔子供の頃見てたみんなのうたなんです。
最初は懐かしいなぁなんて思って見てたんですが、よくよく聴いてみると、音楽として普通にかっこいいというか、また聴きたくなるような曲がたくさんあるんですね目これが。
およげたいやきくんはもうアレンジ変えたらそのままルー・リードみたいになるようなかっこいい曲ですし、コンピューターおばあちゃんなんて編曲はYMOの時の坂本龍一さんですからね。どおりでピコピコした曲だなぁなんて思ったピコ。
しかしこのみんなのうたや童歌って、けっこう抽象的な表現やファンタジーっぽい世界観が多くて、想像力をすごくかきたてられるし、聴く時の心理状態で楽しくも悲しくもなったりするんですよねひらめき
ナウシカの「ランラララランランラン」(曲名不明)だけはいつ聴いても、なぜか全ての人に謝りたくなるような(笑)そんな気分にまでさせられるのですが。
ラララって楽しい時にくちずさむフレーズだってのに。久石譲さんの曲の力ってすごいですよねぴかぴか(新しい)
今僕が一番みんなのうたで気になるのが大貫妙子さんの曲の「メトロポリタンミュージアム」です。
子供の頃はただの楽しい曲と思っていたんですが、あの可愛くも儚げな曲に乗った歌詞をよくよく聴いてかみ砕いて想像していくとなんか怖くなってきます猫あせあせ(飛び散る汗)主人公の女の子、最後閉じ込められてますからね(笑
昔の印象とのギャップってやっぱり面白いです。
みんなのうた 大貫妙子 メトロポリタン美術館 2m19s 720×576 mp4v mp4a
他におもしろい曲があったら教えてくださいねるんるん

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcapri71comをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Capri

Capri

街角の地中海 Capri スタッフです。
Capri

最新記事 by Capri (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA